ヒト幹細胞培養液

女性の髪の悩みにも最適

多くの方が諦めようと思っていた髪型が出来るようになりました。年々、ボリュームがなくなってきた前髪のボリュームやつむじ周りのボリュームが1ヶ月に2回の定期的な髪のメンテナンスでいつまでも自由なヘアメイクを楽しめます。

日本人の男女、3人に1人が髪の悩みを持っていてその数は年々増加しています。最近では10代から薄毛、抜け毛に悩む方も多くなっています。

薄毛、脱毛の悩みは十人十色、ひとりひとりの症状は全て違います。家系はもちろんのこと、ライフスタイル、 嗜好、頭の形、頭皮の緊張感、髪の質まで一人として同じケースはありません。したがって、その解決法も全て異なります。毛髪再生の最大パフォーマンスを引き出す方法は頭皮環境を整えることです。敏感な毛髪にとって居心地の良い環境作りが一番重要になります。

ひとつでも当てはまる方、ヒト幹細胞培養液を使用の強髪メニューをぜひお試しください

強髪メニューは誰にも言えない悩みの解決に導きます。

  • 最近、抜け毛が多い
  • 頭皮がすけて見えると言われた
  • 髪のボリュームがなくなってきた
  • 実年齢よりも上に見られる
  • 生え際部分の髪が後退してきた
  • 朝、枕に抜け毛がたくさんついている

医療学会から承認されたヒト幹細胞培養液だけを採用

美容業界では初の医療学会承認の製品を使用した「強髪メニュー」。18種類の厳選した髪のためのハーブと高濃度の凍結ヒト幹細胞培養液が医療学会から承認されました。ヒト幹細胞培養液の中でも特に高価で貴重な成分になりますが育毛業界、美容業界の中でも最も安くメニューとして施術出来る事が実現しました。

厳選された成分だけで頭皮環境を作る

髪は大切な臓器と考えると育毛は大切な事です。薄毛の適齢期から髪や頭皮のケアで早めの対策

毛髪は心臓や家などと同じ臓器の1つになります。しかし毛髪だけが他の臓器とは全く違うところがあります。それは毛髪が組織の再生と退行を繰り返すサイクルを持っている点です。ヘアサイクルといった仕組みを持つ臓器は他にはありません。

AGA(男性型脱毛性)の主な原因は男性ホルモン、酵素、遺伝、年齢の4つで思春期から壮年期以降に遺伝的要素と男性ホルモンが原因となって、AGA(男性型脱毛性)が始まります。 
個人差はあるものの30~40代はAGAによる薄毛が始まる「適齢期」と言えるでしょう。 

再生医療の現場でも注目されている「ヒト幹細胞培養液」理想の髪に導くため 厳選された18種類のハーブ×ヒト幹細胞培養液 で新たな次世代ヘアケアで誕生

幹細胞を培養する際に、幹細胞から分泌されるたんぱく質成分がこの「ヒト幹細胞培養液」です。

500種類以上のたんぱく質が含まれていて、幹細胞自体は入っていないので、倫理的や遺伝子的な問題はなく、最近の研究では最も安全性の高い「次世代アンチエイジング成分」と言われています。
「ヒト幹細胞培養液」には、細胞の活性を促す生理的活性の強いタンパク質成分などが豊富に含まれていて、年齢とともに成分が鈍くなってしまった細胞を呼びさますといわれています。
「ヒト幹細胞培養液」には、髪の養毛に有効なグロースファクターが豊富に含まれていて、髪の成長を促します。